image_printPrint

通読範囲

イザヤ書2章全部(1-22節)

アウトライン(回復訳聖書による)

  • イスラエルの国の復興(2:1-6)
  • 高ぶる諸国民に対するエホバの辱める裁き(2:7-22)

祈り読みの箇所

イザヤ書2章11節(回復訳聖書旧約)
人の高ぶる目は低くされ、
人々の高慢は卑しめられる.
しかし、その日、エホバだけが高くあげられる。

解説

2章3節のシオンから出る「教え」はなんですか?

イザヤ書2章3節(回復訳聖書旧約)

そして、多くの民は来て言う、「来れ、エホバの山に、ヤコブの神の家に」上ろう。彼は自分の道を私たちに教えられ、わたしたちは彼の路を歩む」。まことに、 教え がシオンから、また、エホバの言葉がエルサレムから出るからである。

フットノートの抜粋を引用します:

ここの「教え」のヘブル語は「トーラー」で、しばしば「律法」と訳されます。千年期、千年の王国の期間、復興されたイスラエルの国民は王国の地上の部分、すなわち人の子の王国で祭司となり、キリストにある御父の王国で祭司となります。この祭司職によって、諸国の民は教えられ、教示されます。(回復訳旧約聖書 イザヤ書2章3節フットノート2より抜粋)

みんなの感想

[say img=”https://church-in-chofu.com/wp-content/uploads/icon-boy-01.png” name=”I兄弟”]神様の夢、計画を共有し共に期待できるのは幸せなことだなと思いました。[/say]

以上。

image_printPrint
おすすめの記事