【用語】「インマヌエル」はどういう意味ですか?

用語:インマヌエル(Immanuel)

聖書での記述

インマヌエルは聖書に3回だけ出てきます。イザヤ7章14節、8章8節、マタイ1章23節です。そのうち、マタイ1章23節はイザヤ7章14節の予言を引用しています。

回復訳聖書イザヤ書 7章14節
それゆえ、主自ら、あなたがたに一つのしるしを与えられる.見よ、処女が身ごもって男の子を産む.そして彼女は彼の名をインマヌエルと呼ぶ。

回復訳聖書マタイ 1章23節
「見よ、処女が身ごもって男の子を産む.人々は彼の名をインマヌエルと呼ぶ」(インマヌエルは、神われらと共にいますと訳される)。

意味の説明

『回復訳聖書』マタイによる福音書1章23節のフットノート2から引用します:

イエスは神によって与えられた名であり、インマヌエルは人によって呼ばれた名であって、「神われらと共にいます」を意味します。救い主イエスは、わたしたちと共におられる神です。彼は神であり、受肉してわたしたちの間に住まわれる神でもあります(ヨハネ1:14)。彼は神であるだけでなく、わたしたちと共におられる神でもあります。


文責:N
聖句やフットノートはオンライン回復訳聖書から引用しました。
ほかは調布に在る召会の担当者による執筆です。
中国語回復訳聖書でのインマヌエルの3箇所の聖句はこちらで確認できます。