『健康な言葉』パンさきNo.02:I. 主を記念する(後半)

No.2

I  主を記念する

A  主の食卓の焦点──主を中心とする

2  全てのそらすものを避けるべきです

 主の食卓の集会は主を記念することですから、人々を主から、パースンからそらすどのような詩歌、証し、メッセージも不適切です。主の食卓の集会である人は戦いについての詩歌を選ぶかもしれません。ある人は主の食卓の中で、自分がどのようにして苦難から救われたのかを証しするかもしれません。それは他の集会では良いかもしれませんが、主の食卓の集会にはふさわしくありません。ある兄弟は、朝ごとの食物で享受した良い御言をもって、主の食卓に来るかもしれません。彼はその良い御言をもって集会に臨み、悔い改めや救いについて良い教えを与えるかもしれません。しかし、これは間違いです。そのような教えは主の食卓の集会のためではなく、福音を宣べ伝える集会のためです。主の食卓の集会は主のパースンに焦点づけられているので、すべての詩歌、すべての賛美、すべての語りかけは主ご自身に焦点づけられているべきです。主の食卓の焦点からそらすものは避けるべきです。(奉仕についての基本的学課、第2課)


I  記念主

A  主桌子的中心點-以主為中心

2  該避免所有的打岔

 因為擘餅聚會是記念主,所以任何詩歌、見證和信息,若將人從主這個人位岔開,都是不合適的。在擘餅聚會中,可能有人選了爭戰的詩歌;或是聚會到了一半,可能有人起來作見證,說他如何從他的苦難中得拯救。這些在別種聚會可能是好的,但在擘餅聚會卻不合適。一位弟兄可能帶著他早上晨興所享受的一句美好的經節來到擘餅聚會,並就著那節經節,給人一段關於悔改和得救很好的教導。這是錯誤的。這樣的教導不是為著擘餅聚會,而是為著傳福音的聚會。擘餅聚會是以主的人位為中心,所以,所有的詩歌、贊美和話語,都該以主自己為中心。所有使人從主桌子的中心點離開的打岔都該避免。(事奉的基本功課,一八至一九頁。)


I  To Remember the Lord

A  The Focus of the Lord’s Table – Concentrated on the Lord Himself

2  All distractions should be avoided

  The Lord’s table meeting is to remember the Lord, so any hymns, testimonies, or messages that distract people from the Lord, the Person, are not appropriate. In the Lord’s table meeting, someone may call a hymn on fighting the battle, or in the midst of the Lord’s table, someone may give a testimony of how he was rescued from his suffering. That might be good in another kind of meeting, but it is not fitting at the Lord’s table meeting. A brother may come to the Lord’s table with a good verse which he enjoyed in his time of morning revival. He might come with that good verse to give people a good teaching concerning repentance and salvation. This is wrong. Such a teaching is not for the Lord’s table meeting but for a gospel-preaching meeting. The Lord’s table meeting is concentrated on the Person of the Lord, so all the hymns, all the praises, and all the speaking should be concentrated on the Lord Himself. All distractions from the focus of the Lord’s table should be avoided. (Basic Lessons for the service Chapter 2, II-A-4)