パンデミックについての交わり|アンドリュー・ユー兄弟|5回分

image_printPrint

コロナ期間における、アンドリュー・ユー兄弟からの一連の交わりを掲載します。かなりの長文です。コロナ期間だけではなく、アフターコロナでも繰り返し読みたい内容なので、是非ご覧ください。

なお、祈りの要請についてのニュース投稿も合わせてご参照ください。

印刷用データのダウンロード:

終わりの時代に、新しい道を実行し、新しいモデルの召会を建造する

主が再来する前のリー兄弟の先見

主が再来する前、召会はどのようになりますか? リー兄弟はそれを見ました。彼はわたしたち全員よりも遠くを見ていました。彼は、召会が徐々に当初の様子に回復することを知りました。召会の本来の様子は何でしょうか? これは、第一世紀の様子であり、大きな集会はなく、小さな集会しかありませんでした。主の日が近づくと、召会はますます元の姿に戻ります。

観念の変更、構造の変更、方法の変更

召会の回復には構造の変更が必要です。構造の変更を成功させるには、まず観念を変更する必要があります。最初に観念を変更し、次に構造を変更し、次に方法を変更する必要があります。たとえば、19世紀に満州政府は、新しい法律を施行することを望んで、百日改革を推進しました。ただし、その基本的な構造は変更されていません。彼らは自分の方法のいくつかを単に変えただけでした。たとえば、西洋化運動は、単に工場や造船の方法を変えるだけで、物事を行なう方法に過ぎませんでした。ただし、構造は変更されていませんでした。それはまだ封建制度でした。最終的に、新しい法律は失敗し、改革は停止しました。対照的に、明治維新はなぜ日本で成功したのですか? 政府が特定のやり方を変えただけでなく、構造全体を西洋化し、西洋の法律を採用したからです。これは600年以上続いた侍との封建制度を終わらせただけでなく、権力の分離を伴う新しい政府を設立しました。

集会から人へ、大から小へ、来ることから行くことへ変更する

数年前、わたしは「集会から人へ、大から小へ、来ることから行くことへ」と話しました。これは、観念を変更し、構造を変更することです。実際、わたしはこれを最初に話した人ではありません。それはリー兄弟でした。リー兄弟は新しい道、神に定められた道について話し始めたとき、彼は観念を変え、構造を変えることについて話しました。そして、彼は大きな集会をやめさせ、小組集会と地区集会を促進するよう努めました。彼は言った、「天と地は過ぎ去っても、わたしたちは小組の集会に行かなければならない!」これは、大きな集会から小さな集会に変わることです。しかし、その多くを話した後、彼はそれがまだ十分ではないことに気づいたので、彼は小組から家に変わり、さらに小さな集まりに変わりました。これが彼が台湾で話したことです。彼が米国に戻った後、彼はバイタルグループについて話し始めました。実際、バイタルグループは小組であり、台湾で話した家庭集会や小組集会よりもさらに小さな単位です。これは、大きな集会が小組と地区に分割された後、兄弟姉妹が小組集会から家庭集会、そしてバイタルグループに行くことを意味します。実際、集まりはどんどん小さくなっています。これは、大きなものから小さなものに変えることです。さらに、その期間中、彼はドアノック、人の訪問、人との接触、人の世話、人の養育、休眠状態にある人、後退した人の一人一人を探すこと、そして福音の友人の一人一人との訪問と接触について絶えず話しました。このことから、わたしたちは彼が人​​々をどれだけ尊んでいるかを見ることができます! これは、集会から人々へ、そして来てから行くことです。

観念の変更:「集会」がもはや中心的なものではなく、最も重要な中心的なものは、一人一人の「人」です

確かに、これはもはや「集会」がないことを意味するものではありません。また、大規模な集会が開催されないことも、人々に来てもらうこともないことを意味するのではありません。むしろ、「集会」がもはや中心的なものではないことを意味します。最も重要な中心的なものは、一人一人の「人」です。しかし、多くの兄弟姉妹はまだ観念を変えていません。たとえば、いくつかの地方召会は、神に定められた道を実践していると言いますが、責任の兄弟たちは今でも主日の集会を最も重視しています。主日、彼らはきちんと服を着ます。なぜ彼らは主日の集会を最も重視するのですか? 主日の集会に出席する人が一番多いからです! 地元の召会の人数は基本的に主日の集会出席者だからです。さらに、召会が強いかどうかは、主日の集会によっても決まります。他の人が特定の召会の状態について尋ねるとき、彼らはまた主日の集会の状態について言及します! ですから、主日の良い集会を開く必要があります。ただし、これは「集会」、「大」、「来る」です。主日の集会が良いことは間違いありません。「集会から人に変わる」と言うとき、それは主日の集会を廃止するという意味ではありません。むしろ、それはあなたの心、注意、および観念が「集会」から「人」に設定される別の方向に変わる必要があることを意味します。

これが最初のことです。観念を完全に変える必要があります。最も重要なことはすべての肢体、すべての人であり、彼らとの個人的な関係を築く必要があることを確認する必要があります。個人的な関係を築くには、「小さく」する必要があります。わたしたちが「小さく」なければ、個人的な関係を築くことはできません。人の世話をする場所に行くことができるので、なぜ彼に来るように頼むのですか? 実際、あなたは彼にあなたの正面を支えに来てほしいです。場面がなければ、あなたはまだ彼に来るように頼みますか? たとえば、今日、政府が大規模な集会の開催を禁止した場合、場面が重要ではなく、場面を設置する必要がないと感じている場合、人々に来てもらうことはありません。人々に来てもらうことをあきらめるなら、「来る」ことはもう問題になりません。実際、人々が集会に来るように頼むのは退屈です。したがって、観念は非常に重要です。これはわたしたちの観念を変える問題です!

構造の変更

観念が変わっても、構造が変更されていないなら、それも問題になります! どの構造を変更する必要があるのでしょうか? 長老たちが召会を管理しています。長老たちはどのように召会を管理していますか? 常に3人から4人の長老が一緒に管理しています。これは、意思決定機関に相当します。基本的に、最初のサークルは長老であり、2番目のサークルは地区の責任兄弟です。大きな召会では、長老は地区の責任兄弟を監督する必要があります。それ以外の場合、地区の責任者が独自の方法を取る場合、それは別の召会を持つことと同等です。そのため、長老は地区の責任者を監督するために多くのエネルギーを費やす必要があります。地区担当兄弟の最も重要な責任は、地区集会に力を注ぐことにより、主日の地区大会を維持することです。地区集会のほかに、力の強い献身を必要とする分野は、子供の奉仕、若者の奉仕、大学の奉仕、召会の財政の管理、集会室の維持と使用、部屋の異なる割り当てに関するさまざまな奉仕です。初期の頃は、地区の責任者がこれらすべてのことに注意を払う必要がありました。少し改善されました。つまり、福音、家庭、小組、地区の枠組みがあります。家から小組に、そして地区に拡大します。しかし、多くの長老が家を監督することはできません。おもに地区を監督できます。小組に関しては、少数の召会だけがそれらを監督できます。たとえば、一部の地域では、今では長老たちが小組を監督することすらしていませんが、小組に自分の面倒を見てもらいます。長老は小組の状態を知らず、家の状態は言うまでもありません。ああ、今、わたしたちの枠組みは福音、家庭、小組、地区です。福音、家庭、小組、地区の枠組みを確立していない召会はもちろん、そのような枠組みを確立している召会でさえ、骨組みを持っているだけで、筋肉、血管、末端神経を持っていません。

有機的な関係の新しい構造を建造する

構造の変更については話しますが、どのように変更するのでしょうか? 古い構造に加えて、召会の全体の行政には、有機的な関係により適合する新しい構造が必要です。つまり、現在の古い構造を無効にするのではなく、古い構造に加えて新しい構造を確立することです。古い構造は「集会」の上に確立しますが、新しい構造は「関係」の上に確立されます。たとえば、召会が現在、有機的な関係を確立する場合、それは最初の円、2番目の円、3番目の円などを持つ神経回路網のようになります。この有機的な関係の確立は家庭で実行できます。

小組、および地区の責任者が同じ人々の小組の世話をしている、または別の小組の人々、さらには姉妹がそれを行うことができます。さらに、これらの有機的な関係を構築して強化するには、少なくとも半分の時間を費やす必要があります。実際、あなたがこれをすることにすべての時間を費やせば、それは多すぎません。

これは、あなたが関係を築くことを二次的な事柄として行なうことはできないことを意味します。関係を築くことは特に重要な問題として行なわなければなりません。それをまだ二次的な問題として扱うなら、もちろんそれは二次的な問題になります。そしてあなたはまだ主要な、重要な問題として家、小組、および地区を取ります。それはまだ依然として集会についてであり、あなたはまだ人々に来るように頼みます。たとえば、地区の責任者が地区の集会の世話をするために行かなければならないということは、以前はありました。彼が行かないと、召会は崩壊します。しかし、今では、地区の責任者が地区の集会の世話をするかどうかは関係ありません。新しい構造には関係を監督し、維持するためのリマインダーがあるためです。たとえば、2人で10人、10人で100人、100人で1000人、毎日、毎週、Line(WeChat)を使用して接続し、供給します。そのため、召会は決して崩壊しません。

「集会」の召会から「関係」の召会へ

これは、責任者が面倒見ている相手と会えない場合、電話とLineで毎日および毎週接続して、そのグループ関係を提供、維持、強化できることを意味します。聖徒は、電話とLineを使用して、グループ関係を提供、維持、強化することもできます。兄弟姉妹はすべて模範から学びます。みんなが物事をしているのを見ると、彼らはこうしてこの方法を取ります。このようにして、召会全体の構造は徐々に、ゆっくりと変わり、召会が「集会」の召会ではなく「関係」の召会になるまで変化します。しかし、まだそのような状態は見られません! これは構造を変更することです。実際、これはこの新しい構造を強調し、構築し、強化するためにより多くの時間を費やすことであり、この方向に自発的に傾いて、開発し、構築するでしょう。

新しい構造の下で新しい道を実行する

構造が変更されると、ドアノック、福音の宣べ伝え、ホームミーティング、オンラインでの点滴灌漑などが自動的に実行されます。このようにして、召会生活全体が進歩し、新しい構造の方向に構築され、強化されます。つまり、新しい構造には枠組みがありますが、以前の枠組みではありません。現在、中国本土にはすでにこの枠組みがありますが、将来的にはますますそうなるでしょう。

召会は新しい道を取る必要がある

主が戻る前、世界はますます独裁的になり、召会はますます制限を受けます。しかし、これは召会が弱くなり縮小するという意味ではありません。むしろ、それは地球全体に強くなり、開花するはずです。召会がこのようにならなければ、彼女はそのような独裁制度の下で立ち向かい、存在することはできません。召会が来るべき世俗的な状況、独裁政府に対処し、適応するために、彼女は新しい道、神に定められた道をとらなければなりません。ですから、わたしはリー兄弟が新しい道で主の回復を導く先見を持っていたと言います。彼は召会の拡大、数の増加を見ただけではありませんでした。むしろ、主が戻る前にどんな世界の状況があり、召会が取らなければならない方向を見ました。

新しい道を歩み、山上の型にしたがって建造する

ニー兄弟が言ったように、召会がとるべきこの方向は、山上の型にしたがって建造することです。召会がこの方向をとると、世界は召会が何であるかを見始めます。言い換えれば、今まで、この種の召会は現れていません。世界は初めて召会が何であるかを見ますか? それはローマ帝国の大迫害の時代になります。

召会はますます有機的になる

したがって、今日わたしたちにとって最も重要なことは、わたしたちの構造を変えることです。全世界はますます独裁の方向に向かっています。主の回復にある召会はどのようにこの状況に立ち向かうことができますか? これは、主の回復の前進と、将来の人々の数の増減に関連しています。独裁的な方法を対処することは、ますます有機的になることです。

伝統的なキリスト教は行き止まりの道である

今日、わたしたちは神に定められた道を取ることについて話しています。これは取るかどうかの問題ではありません。これは死活問題です。このようにしないと、行く方法がありません。もしあなたが変わらずに、伝統的なキリスト教のやり方、大規模な集会のやり方を続ければ、あなたは進む道のない行き止まりの道にいます。 2,000人、3000人、または5000人の人がいるかどうかは関係ありません。あなたには未来がありません。この方法で進むことはできません。

関係を確立する召会の新しい型

今日、召会生活の新しい型は人間関係に基づいています。以前に話したように、4種類の関係があります。 第一に友人の関係、第二に兄弟の関係、第三にパートナーの関係。第四に弟子の関係です。これは、召会生活の新しいモデルの接続ネットワークである連絡が関係のネットワークであることを意味します。その主な目的は、関係を確立することです。その次に、福音、家庭、小組、地区、主日の集会などがあります。言い換えると、福音、家庭、小組、地区、および主日の集会はすべて関係のネットワークにかかっています。したがって、福音、家庭、小組、地区、主日の集会がすべてではありません。人間の体が骨を持っているだけでなく、筋肉、神経、血管なども持っているのと同じです。

良い「関係」:顧み、分け与え、実を結ぶことに満ちている

血液循環と神経系が健康であるため、人は良い顔色をしていると言います。同様に、あなたが召会が良いと言うとき、それは召会が良い主日の集会だけを持っていることを意味するのではなく、召会がもっと良い関係のネットワークを持っていることを意味します。一見すると、集会は召会生活で第一ですが、実際、召会生活の真の核と精神は、顧み、分け与え、実を結ぶことを通して築かれた関係にあります。したがって、すべてが関係の中で実行されます。顧み、分け合い、実を結ばずに、多くのいわゆる良い集会を開いているだけの召会はどんな益がありますか?

今日の「メガチャーチ」に出席する人になぜそこで集会するのかと尋ねると、ほとんどの人は語り手のためか経済的な理由を告げるでしょう。そこには個人的な関係はありません! 彼は一人で来て、一人で帰ります。彼は召会に属していると言いますが、実際には彼は召会に属していません。彼はちょうど数を見たすために行きます。主日の集会で、数字を補うためだけに来る人はいますか? はい、多く人はそうです! 関係を築いている人はいないからです。

主との関係を築く

わたしは脳卒中の後、韓国で回復しました。ヨハネ14章17節を読んで、その箇所の考えは基本的に人間関係にあることに気付きました。主イエスは第5章で、「あなたは聖書を調べている。……命を得るためにわたしに来ようとはしない」と述べました(38-40節)。実際、「わたしに来る」とは、主との関係を築くことです。主を食べ、主を飲むとはどういう意味でしょうか? 実際、それはわたしに来て、わたしを食べ、飲み、わたしと関係を築くことです。例えば、主イエスは第14章で「わたしは父の中におり、父はわたしの中におられる」(11節)、「わたしがわたしの父の中におり、あなたがたがわたしの中におり、わたしがあなたがたの中にいる」(20節)と述べました。これらは実際には、会衆や組織ではなく、関係について語っています。彼は三一の神、すなわち父、子、霊の関係、そして三一の神と信者との関係について語っています。

人との関係を築く

三一の神との関係を築いた後、他の人との関係を築く必要があります。それが第15章の実を結ぶことです。一度実を結ぶと、他の人と信者として関係を持ち、友人から兄弟へと発展します。そして、第17章で主イエスは父に祈りました、「わたしが彼らの中におり、あなたがわたしの中におられるのは、彼らが成就されて一となるためです」(23節)。これはすべて、関係を築くということです。ヨハネによる福音書全体は会衆や組織について語っていません。根本的にこれらのものとは関係がありません。

「関係」を解決する新しい方法を採用し、罪人とも関係を建て上げる

このように、わたしたちは今、新しい方法を採用しています。バイタルグループであれ、一対一の牧養であれ、「点滴」による牧養であれ、ホームミーティングであれ、それらはすべて関係の構築を成し遂げるためのものです。最初の関係はそれほど霊的なものではありません。ただ友達として楽しい時間を過ごしてください。ニー兄弟がメッセージで言ったように、主イエスは最初に救い主になる前に罪人の友人になりました。福音書の記録からわかるように、彼は最初は友人であり、次に救い主でした。しかし、わたしたちの何人かは、わたしたちが兄弟でなければ、友達になれない程度まで霊性を追求しています。しかし、主イエスは最初にわたしたちの友であり、そして彼はわたしたちの救い主になりました。これはわたしの言葉ではありません。ニー兄弟の言葉です。

愛の関係と家を開くこと

最後に、リー兄弟が愛について語ったとき、実際にはそれは育みと顧みにあります。その時、彼はブラザーズハウスに「手術」を行ないました。彼は彼らが兄弟の家を要塞のようにしていると言いました。それは正しくありませんでした。霊的な人だけがブラザーズハウスに住むことを許されるなら、長い間集会していいない人をどうやって得ることができますか? どうすれば人を顧み、人を獲得し、実を結ぶことができますか? それは閉ざされたブラザーズハウスになってしまいます。

2020年2月11日

アンドリューユー兄弟の交わりより

機会をとらえて祈る 

機会をとらえる 

新型コロナウィルスは今、全世界で蔓延しています。主は祈りを聞いてくれたと信じます。 わたしたちの祈りを聞いてくださった結果、中国で蔓延が収まりした。しかし、今はまだ、 見張りの祈りを継続する必要があります。「あなたがた、エホバに思い起こしていただく者 たちよ、黙っていてはならない……彼に沈黙を与えてはならない」(イザヤ 62:6-7)。 

しるしを見るとき、飛び起きて、ひざまずいて祈った 

ルカによる福音書第 21 章では主が再来する時のしるしを語りました。その一つはエルサ レムがユダヤ人に返還されることです(24 節)。他のしるしは「疫病」(11 節)、「地上で諸国 民が苦悩すること」(25 節)も含まれています。一つ目はすでに実現しました。あとの二つ は実現しつつあります。クリスチャンはその様子がどのように変化するかを静観するので はなく、「体を真っ直ぐにし、頭を上げなさい、それはあなたがたの贖いが近づいているからである」(28 節)。この時点で、主がわたしたちに命じているのは、「人の子の前に立つこ とができるように絶えず目を覚まして、祈り求めてい」ることです(36 節)。1967 年、エル サレムはユダヤ人に返還された時に、リー兄弟は直ちに病院のベッドから飛び起きて、隣の 若者の手を握って、ひざまずいて祈りました。今日、未曾有の国際的危機にあたって、わた したちは同じような行動を取るべきではないでしょうか? 

今の日々は疫病の日々ではなく、機会をとらえる日々である 

今の日々はどうような日でしょうか? それは「疫病」と「苦悩」の日であるだけでなく、 「邪悪」な日であるだけでもなく、「不健康で病的」な日(エペソ 5:16)でもあります。この ような日々において、わたしたちは愚かな人になってはいけません。それだけでなく、さら に機会をとらえる必要があります。エペソ人への手紙第 5 章 16 節は言います、「今の日々 は邪悪ですから、時を贖い取りなさい」。ニー兄弟は言いました: 

「時」という言葉はギリシャ語にはいくつかの言い方があると指摘しています。ここでは、 “カイノス(chronos)”ではなく、“カイロ(kairo)”です。この単語は「時」の意味だけで はなく、ギリシャ語では他の単語と一緒に使われた時に、「機会」と訳しています。このよ うな文字の使い方を通して、主の「機会」に対する考えを見ることができます。 

わたしはいつも、わたしがどれほど多くの機会を失ってしまったかに驚きます。消極面に おいて、多くの事柄でわたしたちは、どれほど多くの機会を失ってきたかわかりません。わ たしたちが行なうことのできる多くの事柄はすべて、あまりにも容易にわたしたちによっ て失われています。わたしたちが救うことのできる多くの人がみな、あまりにも容易にわた したちによって無視されています。……わたしたちは非常に多くの機会を失ってしまいました! わたしたちが将来、主とまみえる時、わたしたちは確かに多くの悔いをもってまみ えるでしょう! 

仕えることを学んでいる人は、昨日行なったのと同じ事を、今日行なうべきではありませ ん。もし彼が今日も昨日と同じであれば、彼は機会を浪費してしまっているのです。もしわ たしたちが、主が今日何をなさっておられるのか、あるいは今日何が起ころうとしているの かを知らないのであれば、わたしたちは機会を失っています。 

わたしたちは、主がどのような偉大な事を行なわれたいのかを知りません。中国の四億七 千万人の間で、クリスチャンはわずか数十万にすぎません。わたしたちはすでにどれほど多 くの機会を失ってしまったかを知りません! わたしは、わたしたちが想像できる以上に 神は多くの機会を与えてくださったと、信じています。もしわたしたちが、神がわたしたち に与えられるすべての機会を捕らえることができるとすれば、働きの増加は神の期待にそ うことでしょう。わたしたちが働きを制限してきたがゆえに、それは神が欲しておられるほ どには増加しませんでした。わたしたちは、この制限が今日ここで終わることを望みます。 

神が用いることのできる人たちは、神が与えた機会を絶対に失わない 

聖書はなぜ「時」を「機会」と訳すのでしょうか? それは、「機会」は時間の中で見い だされるものであるからです。毎日、主はわたしたちに機会を与えられます。神が用いるこ とのできる人たちは、神が与えた機会を絶対に失いません。わたしたちが一つの事柄を終え ると、別のものがわたしたちにやって来ます。第二の事柄が終わると、第三の事柄が、そし て第四の事柄がやって来るでしょう。物事が続いて起こります。そしてわたしたちは、それ らのどれがどれほど大事であるかを知りません。 

それは、石を水に投げると、水の輪が周りへとどんどん広がっていくのと同じです。この ように、機会を失わなければ、数え切れない大きな効果を得ることができます。ところが、 機会を失うと、水の輪が一つしかなく、広がることができません。 

わたしたちが機会を失わなければ、主はどれほどのものを得ることができるのか? このゆえに、兄弟姉妹たち、毎日主の御前で、神が与えてくださる機会を、あなたがたが 見ることができますように。将来、振り返ってやっと気づいた機会を、今、見ることができ ますように。今日、主の案配を見ることができるなら、それは時を贖うことを意味します。 わたしたちはこのように機会を失うことをしなければ、主はどれだけのものを得ることが できたでしょうか? 主の働きはどれだけ進んだことでしょう! 

かしらに感覚があるのに、わたしたちの感覚が麻痺していてはいけません。わたしたち は必死になる必要があります。機会が来たらすぐにつかむべきです! 機会を失わないために、わたしたちに霊の感覚が必要です! 霊の感覚があれば、機会が 来るたびに感じることが出来ます。機会を失ってはいけません。かしらに案配があるのに、わたしたちが盲目な人であってはいけません。かしらに感覚があるのに、わたしたちの感覚 が麻痺していてはいけません。わたしたちは必死になる必要があります。機会が来たらすぐ につかむべきです! 

わたしたちのタラントを埋める穴を掘ることで、 どれほど多くの機会が失われているか知りません 

一タラントの人々を地に埋めてしまい、彼らを役に立たず奉仕する資格のない人と考え、 彼らに生み出す機会を与えないことは、教会にとって恐ろしい間違いであり、大きな損失で す。わたしたちはお金をもうける機会を持つ前に、元金を投資しなければなりません。もし わたしたちが一タラントの人々を地に埋めるなら、そのような霊的な賜物が用いられる機 会を奪ってしまいます。わたしたちは彼らの機能を停止させてしまいます。わたしたちは機 会を捕らえることが決してできないでしょう。これは、わたしたちのタラントを埋める穴を 掘ることです。これは愚かなことです。このことのゆえに、どれほど多くの機会が失われて いるか知りません。 

主はわたしたちの間で今よりも十倍大きな働きをすることができる 

わたしの感覚は、主はわたしたちの間で今よりも十倍大きな働きをすることができると いうものです。しかし、今日わたしたちはそれをすることができません。兄弟たちよ、眠り から目を覚ましてください! これからの機会はどれだけ大きいものであるか! もしか して神の思う通りの大きい機会まで発展していくかもしれません。わたしたちは神の子供 たちを導いて、神の定められた道を歩ませる必要があります。わたしたち毎日毎日、機会に 乗って前の道を歩み、将来の働きを進める必要があります。 責任の兄弟は機会をつかもうとする感覚、神が与えてくださった機会を使おうとする感 覚で満たされる必要があります。あなたたちの毎回の決断は正確に、目の前のことだけ考え てはいけません。そして、神が与えてくださった機会に合うかどうかを顧慮する必要があり ます。 

時間は常にありますが、機会は常にあるのではありません 

わたしたちはまだ不十分です。すべてを主の御手にゆだねることを学ぶことを願います。 機会は時がくれるものですが、いつもあるとは限りません。時間は常にありますが、機会は 常にあるのではありません。時間は絶えず続くものですが、機会は時にありますが、時にあ りません。ですから、わたしたちは機会をつかむ必要があります。今日、わたしたちが機会 だと思った時、自ら進んで必死につかむ必要があります。 

今日の問題は、主がわたしたちに機会を与えられないのではなく、わたしたちが機会を失 うことにあります。わたしたちすべての者は、立ち上がらなければなりません。教会の責任 者の兄弟たちは立ち上がらなければなりません。わたしたちは神からの機会を去らせたくありません。わたしたちは、神が常受(ウイットネス)兄弟の働きを祝福されたのを見てきま した。彼の長所は、彼はどんな機会も過ぎ去らせないことです。彼が機会を失うのを見いだ すことはできません。いったん機会があると、彼はそれを利用します。もしわたしたちが機 会を去らせるなら、わたしたちは神の働きを制限するでしょう。 

もしわたしたちが機会を見分けることができれば、わたしたちは神のみこころを見分け ることができます。神を知っている人たちは決して習慣的な方法で行動しないでしょう。 神のみこころの半分以上は、神の機会の中に見いだされます。ある日、わたしたちは神の 御前に立つ時、神のみこころのほとんどは神がわたしたちに与えられてきた機会の中にあ ることを見るでしょう。もしわたしたちが機会を見分けることができれば、わたしたちは神 のみこころを見分けることができます。これは非常に厳粛な事です。ダニエル書第 11 章 32 節は言います、「自分の神のみこころを知る人たちは、……事を行なう」。これは、神の人た ちが新しい領域を切り開くことを意味します。わたしたちは神のみこころを知れば知るほ ど、ますます機会を捕らえるでしょう。ちゅうちょする人は、習慣的な生き方をします。神 を知っている人たちは、決して習慣的な方法で行動しないでしょう。 

いったん神が動かれるなら、わたしたちも動くべきです 

兄弟たちは、新しい地を切り開くことを学ばなければなりません。いったん神が動かれるなら、わたしたちも動くべきです。わたしたちはどんな機会をもあきらめるべきではありま せん。一つの機会がやって来る時、わたしたちは同様にお金も来ることを見いだします。そ して魂が救われ、働きは前進します。もしわたしたちがこれらの機会に少し開くことができ るとすれば、それらは飛び込んできます。しかしながら、問題は、機会がわたしたちを待っ てくれないことです。わたしたちが何事かをするための道を神が開いてくださる時、わたしたちはそれを行なわなければなりません。いったん時が動く時、その機会は去ってしまいま す。 もしわたしたちが何事かをするため明日まで待つとすれば、わたしたちはその機会を失 うでしょう。ある兄弟に対して今日語ることが有用であるかもしれません。しかしながら、 もしわたしたちが明日まで待つとすれば、その機会は去ってしまうので、もはや役に立たな いかもしれません。わたしたちは霊的洞察力を持たなければなりません。わたしたちは霊的 視力を持たなければなりません。わたしたちは、神がわたしたちに与えてくださったそれぞれの機会を保つことができるよう、神に求めなければなりません。 

最近、大きな変化が起きているとわたしは感じています 

最近、大きな変化が起きているとわたしは感じています。主がわたしたちに鋭い感覚を持 たせるようとしています。間違えると、神がくださった機会を失ってしまい、失ってしまう と、何十年も待たなければなりません。わたしたちは、主を愛しわたしたちに好意的である グループに対して手を伸ばす道を見いだすべきであると信じています。わたしたちは彼ら と交わりを確立し、彼らを教会にもたらすべきです。今日わたしは次のように感じているの ですが、わたしたちは主を愛する人々を個人的に獲得するだけでなく、主を愛する人たちの グループを多く獲得しなければなりません。そのため、兄弟たちはみんな出て行って彼らを 得ます。今までしなかったことを、今やらなければなりません。わたしたちはたくさん祈っ て、主の御前で考える必要があります。 

このような感覚はあなたの中でさらに強くなるかどうかを考える必要があります。すべ ての人は、これらの感覚がわたしたちの内側で成長するかどうかを見るため、主の御前で考 慮しなければなりません。一方で、わたしたちは福音を強調しなければなりません。他方で、 わたしたちは霊的なグループに注意を払わなければなりません。わたしたちは個人だけで なく、グループ全体を獲得するでしょう。これは機会の中の機会です。わたしたちはこの機 会を失いたくありません。わたしたちはそれを活用したいと願っています。 

わたしが望むのは、今から後、わたしたちがそれに沿ってさらに数段階、 前進することができることです 

わたしが望むのは、今から後、わたしたちの感覚や視界から機会が一つも失われなくなる ことです。もしわたしたちが機会をとらえるなら、おそらく、わたしたちはそれにそってさらに数段階、前進することができるでしょう。(ニー全集、第 55 巻、21 号) 

エステルは彼女が生きていることが、 「このような時のためである」ことをリマインドされた(エステル 4:14) ダニエル書第 11 章 32 節が言った時代は、反キリストが横行する時代した。このような 時代に、ダニエルは、「自分の神を知る者たちは、力を示して事を行ないます」と言ったの です(11:32)。エステルの時代は神の民が命の危機にさらされた時代でした。彼女は、彼女 の存在が「このような時のためである」とリマインドされました(エステル 4:14)。今この 人類の歴史にかつてない試練が来ている中で、神の民が、「体を真っすぐにし、頭を上げ」 (ルカ 21:28)、「機会をとらえ」(エペソ 5:16)、「力を示して事を行ない」(ダニエル 11:32)、 立ち上がって祈るようになることを神がリマインドしてくださいますように! 

神の王国が来ますように、 神のみこころが天で行なわれているように地でも行なわれますように

神がわたしたちに教えてくださった祈りは「あなたの王国が来ますように.あなたのみこころが天で行なわれているように、地でも行なわれますように」です(マタイ 6:10)。祈り は神が定められたものを変えません。祈りは何も変えません。祈りはただ神が定められたこ とを実現させるのに過ぎません。対照的に、祈りに欠けること、祈りがないことこそ、状況 を変えるのです。神が定められたことの多くは、神の民が共に働かないがゆえに、神がこれ らを遅らせて、成就させないようにしているのです。(ニー全集、第 8 巻、現在の証し、第一号) 

わたしたちの祈りは止まってはいけません。 今まであった見張りの祈りがさらに堅く続きますように わたしたちの祈りは三回以下で終わってはいけません。三回以下にしてしまうと、敗北を もたらします(列王下 13:18-19)。主はわたしたちがやもめのように常に祈り、落胆しないこ とを願っています(ルカ 18:1)。なぜなら、これこそ彼が再来する時に地上に見いだしたい信 仰であるからです(8 節)。わたしたちの祈りは止まってはいけません。今まであった見張り の祈りがさらに堅く続きますように。 

全世界における第三回目の 24 時間の見張りの祈り 

「義人の祈り求めることは働いて大いに効力があります(ここの「働いて」の原文は「エ ネルゲオ」であり、エネルギーという言葉の元になっている言葉です。ですから、この言葉 は、「義人の祈り求めることは、エネルギーにおいて大いに効力があります」と訳すことも できます)」(ヤコブ 5:16)。3 月 31 日に、全世界における 24 時間の団体の祈りを行います。 このことを通して、たくさんの積極的なエネルギーを解放しますように。このエネルギーは 祈られた人にあるだけではなく、祈っている人にもあるようになります。わたしたちの祈り は一つの国のためではなく、万国のためです。人々の命が守られるようにと祈るだけではな く、すべての国がキリストに立ち返り、時代を終わらせ、主の再来を迎えるために祈りまし ょう! アーメン!

2020 年 3 月

アンドリューユー兄弟の交わりより

神の統治の下にあるクリスチャン生活 

3 月 31 日、わたしたちは 24 時間/ 21 日の世界的な祈りを実行しました。中国では、この 祈りに加わった約 85 万人の聖徒がいました。中国国外では、東洋で運営されている 6 つの ウェブサイトを通じて 7341 小グループとして登録した 39,557 人、および西洋で運営され ているウェブサイトを通じて 5273 小グループとして登録した 24,751 人がいました。兄弟 姉妹の総数は 914,328 人(12614 グループ)であり、さらに参加したが登録しなかった人も います。たとえば、11 のウェブサイトに投稿された祈りの負担は、中国国外の 100 万人に 達しました。主が成し遂げたことを主に感謝します! 参加されたすべての兄弟姉妹が継 続して祈り続け、力強く進みますように。(詳細については、http://unceasinglypray.orgをご覧ください)。 

冷静な思い 

「しかし、すべてのものの終わりが近づきました。こういうわけで、冷静な思いでいなさ い.また慎んで祈りなさい」(Iペテロ 4:7)。ダービー、ニー兄弟、リー兄弟はすべて、ペ テロの第一の手紙と第二の手紙の両方の主題は、「神の統治の下にあるクリスチャン生活」 であることをわたしたちに示しました。この統治は、死後または永遠のためだけのもので はなく、特に現在のためのものです。パンデミックは現在世界中に広がっています。人類 はこのような厳しい試練に直面したことはありません。これは神の管理です。新型コロナ ウイスルの発生だけでなく、環境問題、人口問題、難民問題、経済音大、国際紛争の問題 にも直面しています。これらの問題はすべて解決策がありません。これは「すべてのもの の終わりが近づいている」ことを示しています。今日、世界の指導者から一般市民まで、 すべての人類は恐怖にさらされています。人々は未来について心配し始めました。上記の 御言では、ペテロは聖徒たちに「冷静な思い」、つまり「健全な思いでいる」、「冷静な思い を伴っている」、「乱されることのない、正しく徹底的に物事を理解することができる」よ う命じました(4:7 のフットノート 3)。そしてまた、「恐れ、心配、心遣いによって乱され ることなく、神の救いにおけるエコノミーを認識することができる」ようにと命じました (Iペテロ 1:13 のフットノート 2)。これが、この疫病の挑戦に立ち向かうためのわたした ちの取るべき姿勢です。ある兄弟が言ったように、「この期間、ニュースを見る量を減らし て、聖書をもっと読みましょう。心配を減らし、祈りを増やしましょう」 

冷静になって祈る 

恐怖や不安のない静かで平穏な生活は、「祈りをささげる」ためです。祈りはクリスチャン 生活の中心であり目的です。主はわたしたちに「目を覚まして祈る」よう求められました (Iペテロ 4:7 のフットノート 3)。このような祈りをするためには目を覚ましている必要 があります。堅く祈り続けなければなりません。わたしたちはルーズであってはいけませ ん。さもなければ、リラックスしているときに敵が突然攻撃してくる可能性があります。 ウイルスが蔓延しているため、ほとんどの人は家にいる以外に選択肢がありません。心理 学者は、人々が家族と一緒に定められた時間と場所で質の高い時間を過ごすことを勧めて います。クリスチャンにとって、わたしたちは神に祈る時間と場所をより多く設定すべき です。わたしたちにとって、適切な生活を送ることは、単にわたしたちの心理的状態を管 理することではなく、「祈りのため」です。邪魔されないのは、時間を贖うためだけでなく、 「祈りのため」です。恐れがないことは積極的な思考の結果ではなく、目を覚まして「祈 る」ことの結果です。 

あなたがた自身の間で熱い愛を保つ 

次に、8 節には、「何よりもまず、あなたがた自身の間で熱い愛を保ちなさい」と書かれて います。今日は、互いを愛し、互いを大切にすることを中心とする新しいモデルにしたが って召会生活を実行するすばらしい機会です。ギリシャ語で「互い」は ἀλλήλων で、 ローマ人への手紙第 12 章(5、10、16 節)で複数回使用され、真の召会生活を説明してい ます。それは、真の召会生活が「相互性」に集中していることを非常にはっきりと示して います。この家での隔離の期間中、わたしたちはお互いにつながり続け、互いに顧み、イ ンターネットを通じて召会生活の新しいモデルを実行するために訓練する必要があります。 この事柄は「何よりもまず」です。「神のさまざまな恵みの良い家令として」(10 節)自分 たちの間で神の言葉を供給し合いましょう。 次の章では、1 節から 4 節までが召会の中の牧養について語っています。2 節は、「あなた の中の神の群れを牧養しなさい」と言っています。ここでの「群れ」とは、原文の意味で は、大きな群れを指すのではなく、「小さな群れ」、つまり、かなり少数の羊のグループを 指します。つまり二、三人のグループを指します。今日、二、三人のオンラインのソーシ ャルな接触は、聖徒がこの有機的な牧養を実践するのに最適な環境を提供します。これら の「小さな群れ」は「バイタルグループ」を生み出します。長老たちはリードをとって、「群 れの模範」になるべきであり、バイタルグループの聖徒たちを導くべきです。それからす べての兄弟姉妹は「同じように」互いを牧養するようになります。これは新約のモデルに よると、本物の召会生活です。これが今日、神が定めた道です。 

福音の宣べ伝え 

危機の時、わたしたちは「神の力ある御手の下でへりくだり」、「謙そんの帯を締め」なけ ればなりません。「不確かな富に望みを置く」ことができないことを人々に示す必要があり ますが、彼らは神の大能の御手の下でへりくだり、神に立ち返るべきです。このようにし て、彼らはこれらの困難な時代を乗り越えて、「時至って」神によって高く上げられます。 わたしたちは、電話をかけ、テキストメッセージで他の人に聖書の御言葉を送り、積極的 に人々と接触することによって、福音を宣べ伝え続けなければなりません。わたしたちは 彼らに言うことができます、「あなたは『あなたがたの心配事をすべて、神に投げる』こと を実践することができます。なぜなら、神以外に、誰もあなたの不安を本当に和らげるこ とのできる人はいないからです。人の一生は悩みの一生であり、全生涯を通じて悩みと心 配事に満ちているからです」と語るべきです。 

悪に抵抗する 

その間、悪魔の働きがいくぶん優勢です。彼は人の体と魂を殺し、傷つけ、そして「吠ほ えたける獅子のように、歩き回って、だれかを食い尽くそうと捜し求めています」。したが って、わたしたちは未信者のためだけでなく、聖徒のためにも、目を覚まして祈らなけれ ばなりません。どうか神がすべての人を悪から遠ざけるようにして、彼らが敵に食い尽く されないようにしてくださいますように。そして、わたしたちの主イエス・キリストの来 臨の時に、彼らの霊、魂、体を完全に守ってくださいますように。どうかわたしたちが失 われた多くの聖徒を回復し、わたしたちの祈りと顧みを通して、彼らをからだの交わりに 連れ戻しますように。 

すべての聖徒を思い出す

最後に、わたしたちは世界中の神の子供たちのために祈る必要があります。「この世にいる あなたがたの兄弟仲間も、同じ苦難にあずかっている」からです。特に、病気の人、困窮 している人、苦痛を受けている人、それが物理的であれ、経済的であれ、心理的であれ、 家族的な苦しみであれ、わたしたちは祈る必要があります。ペテロの第一の手紙第5章10節にしたがって祈る必要があります。彼らがしばらく苦しみを受けた後、主が彼らを成就し、堅固にし、力づけ、土台づけてくださることを経験することができますように。 神がこの特別な時期にさまざまな恵み、すべての恵み、真の恵みでわたしたちを強めてく ださいますように。福音が絶え間なく広がり、聖徒たちが成就され、召会が建造されます ように。「彼に栄光と大能が、永遠にわたってありますように。アーメン」(Iペテロ 5:11) 

2020 年 4 月 5 日

アンドリュー・ユー

新しいモデルの召会生活

オンラインの集会は、祝福をもたらすものであり、聖徒たちに祝福を与えます。わたしはみなさんにこのような実行を継続するよう励まします。まず言いたいことは、リー兄弟は「どのように集会するか」のメッセージを語りましたが、これらのメッセージの要点は、今日のオンラインでの集まりに適用することができます。すべての要点を適用することができます。彼のメッセージは時間の制限を受けません。実に素晴らしいです。これらの点については後で説明します。

今日特に言いたいことは、わたしたちはオンラインで集会をしたいのですが、まずはこの集会をあなたの個人的な講壇に変えてはいけないということです。これは務めの集会とは異なります。務めの集会で語られるメッセージは非常に長いです。これはわたしたちが小さな集まりで同じことをしなければならないという意味ではありません。

実際、わたしたちの集会では、最も重要な言葉は「互いに」であり、「互いに」は召会を建造する道です。長い間、集会に来ていなかった人が戻ってきた後、彼らに自分の居場所(属している感覚)を感じさせ、彼らが喜んでそのような集まりに参加するようにさせなければなりません。このような相互性は、彼らの経験において非常に重要です。

初めて集会で話をした時のことはみな良く覚えています。集会そのものがあまり良くなかったとしても、その集会であなたが何かを話したなら、あなたの感覚は非常に良いのです。これは非常に重要な事です。わたしたちはすべての人に口を開いてもらう必要があります。すべての人が参与することができ、すべての人が語ることができます。特に長い間集会していなかった人が、十分に参加して発言できるように、わたしたちは方法を見つけ、彼らを導くことを学ぶ必要があります。あなたの集会が良いか悪いか、そのかぎは人々があなたの集まりに喜んで参加したいかどうかにかかっています。

Ⅰペテロ4:7-8 しかし、すべてのものの終わりが近づきました。こういうわけで、冷静な思いでいなさい.また慎んで祈りなさい。何よりもまず、あなたがた自身の間で熱い愛を保ちなさい.なぜなら、愛は多くの罪を覆うからです。

エレミヤ8:7 空のこうのとりでさえ、自分の定められた時を知っており、山ばとも、つばめも、鶴も、その帰る時を守る.しかし、わたしの民は、エホバの規定を知らない。

Ⅰペテロ5:2 あなたがたの間の神の群れを牧養しなさい.強いられてではなく、自ら進んで、神にしたがって監督し、卑しい手段で利得を求めることによってではなく、熱心に監督しなさい.

Ⅰペテロ5:6-7 ですから、神の力ある御手の下にへりくだらされなさい.それは時至って、彼があなたがたを高く上げてくださるためです.あなたがたの心配事をすべて、神に投げてしまいなさい.なぜなら、あなたがたに関することを、彼は心にかけていてくださるからです。

Ⅰペテロ5:8-9 慎んで、目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔は、ほえたける獅子のように、歩き回って、だれかを食い尽くそうと捜し求めています。彼に抵抗し、信仰にあって堅固でありなさい.あなたがたも知っているように、この世にいるあなたがたの兄弟仲間も、同じ苦難にあずかっているのです。

冷静な思いで生活する

わたしたちが冷静な思いで生活をしたいと思っているのは、主がわたしたちに祈ってほしいと願っているからです。わたしはこの21日間の祈りを持つことができて、大変嬉しく思っていますが、まだ参加されていない方も、この祈りに参加していただければと願っています。ある兄弟が言ったように、この期間中、ニュースを見る量を減らし、聖書を読む量を増やし、衣食についての心配を減らし、祈りに多く参加し、ズームやオンラインの祈りに参加する時間を増やしましょう。わたしたちは今、この機会をつかんで祈ることができます。

2020.4.11(土)

アンドリュー・ユー兄弟

バイタルグループの経済活動を再開する

最近、疫病の状況は好転し、政府は経済活動の再開を促進しました。わたしたちのバイタルグループは、その真の機能を積極的に回復し、バイタルグループの経済活動の再開を実際に落とし込んで実行する必要があります。バイタルグループの目的は、一方でわたしたち個人をバイタルにして勝利者にならせることであり、他方で信者の本来の機能を回復して生養教建を実行することです。経済活動を再開する目的は、元の機能を回復して元の状態に戻すことです。バイタルグループの目的は、キリストのからだの元の機能を回復し、信者を神が定めていた元の状態に戻すことでもあります。

今、欧米社会も疫病後にどのように経済を回復させるかを研究していますが、家に隔離されていた状態から人々の日常を取り戻し、レストラン、劇場、公共の場所に行くなど、これらの場所の健康上の監視を怠ることなく、社会活動を回復する方法に重点を置いています。しかし、これらは社会の上層の活動であり、社会の草の根(現場の)活動は生産を再開しています。バイタルグループは一面で、聖徒を正常な生活に回復することであり、もう一面で肢体の本来の機能を回復することです。これらはどちらも重要です。しかし、草の根活動がなければ、上層の生活はあり得ません。「経済活動を再開する」ことによってのみ、生活の質を回復することができます。

バイタルグループの機能は、すべての人が機能し、一人一人が神に仕えることです。今日の福音の宣べ伝えは、霊的な巨人に依存するのではなく、各肢体に依存しています。今日、人を牧養し、人に教えることは、少数の賜物のある人に依存するのではなく、全体に依存しています。したがって、バイタルグループが「経済活動を再開する」ためには、すべての人が福音を宣べ伝え、すべての人が人を顧みる必要があります。今までは、疫病の蔓延の中で、バイタルグループがオンラインで連絡を取り合い、さまざまな事を行なってきましたが、「作業を再開する」だけでなく、「生産を再開する」という機能も倍増させなければなりません。もはや家の扉を閉めるのでなく、急いで仕事に取りかかり、一面で祈り、一面で材料を大量に生産して、神の家を建造しなければなりません。

疫病が過ぎた後は、業務を再開して経済活動を再開する必要があります。まず、顧客とのつながりを回復し、その後、供給源とのつながりを回復する必要があります。一つは下流ルートであり、もう一つは上流ルートです。バイタルグループが経済活動を再開するには、まず「上流ルート」を回復する必要があります。つまり、霊と言葉の分与によって神を受け入れ、バイタルな人また勝利者となる必要があります。一面で、古い関係を更新し、新しい関係を建て上げる必要があります。そして、需要と供給があれば、物事を動かすことができます。疫病の流行はほんの数か月ですから、経済活動を再開するには、すべての関係者の協力が必要です。教会は千年ぐっすり寝ていたので、同じ心で復興され、この新しい段階においては、古い関係を更新するだけでなく、新しい関係を伸展させ、新しい人々と接触し、新しい必要に応じ、新しい挑戦を受け入れる必要があります。すぐに、バイタルグループは「経済活動を再開する」ことができ、神の大車輪を始動させ、神の行動をもたらすことができるでしょう。

最近、疫病の状況が好転し、人の心が大きく開かれました。青白い馬が退場した後は、白い馬が入場する時です。兄弟姉妹、急いでください! 神の労苦する福音の祭司として、早く立ち上がって福音を宣べ伝え、早く魂を救い、千万の人の魂を滅ぼさせないでください!

早く立ち上がって福音を宣べ伝えましょう!

早く魂を奪い取って救いましょう!

どうか見てください、千万の人が日々滅びていきます!

あわれみの心を抑えず、金銀を重視しないで、

手を緩め、福音を宣べ伝え、今を捕らえましょう。

同時に、わたしたちは祈り続ける必要があります。ダニエルは「極度の疲労」になるまで祈ってはじめて、時代の啓示を得ました(ダニエル9:21)。4月1日から21日までだった世界的な祈りが30日間に延長されました。まだ参加していない兄弟姉妹も、早く参加してくださるように願います(ウェブサイト:unceasinglypray.org)。

2020年4月15日

アンドリュー・ユー兄弟の交わりより

image_printPrint